読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の友人(男性)が、「銀座のクラブに行って、夢のような時間を過ごした後に、電車で帰るのは違うじゃないですか。だからタクシーで帰るんです。で、そういう関係で財布には常に3万はないと怖くて怖くて…」と言っていたらしく、天才かよ、と思いながらアイザックの設定に組み込む私。