ぽんたベリ〜キュ〜トなトップ!見てね。

ご無沙汰しております。元気です。

引っ越しをして落ち着くかと思いきや、仕事先の方へ誰も予想していなかった修羅場がやってきてしまい、クリスマス商戦よりも地獄だった関係で、ここが超お留守になってました。

先日、絶対行けないと思っていたコミティアにちらっと顔を出せたのですが、この修羅場あってこその奇跡の振替休日だったので、運がいいんだか悪いんだかという感じ。突然スペースに押しかけてしまってすみません。覚えていてくれて嬉しかったです。

日記って何を描けばいいかわかってなかったんですけど、製作記みたいなの書いたら読んでる人は楽しいのかな…?少なくとも私は他人のそういうやつ見るの楽しい……ので実践します。

この一年、多分、何やってんのかな?って状態だったと思うんですけど、いやまあ特に何もしていなくて、ただひたすら仕事と(時間に忙殺されて)形にならない作品を描いてはボツり…を繰り返していました。

今はまた次の話を思いついて、ネームに行き詰まっている状態です。あ〜私常にネームに行き詰まってるよね。手記もスケープゴートも国も、全部ネーム飽きちゃって途中からぶっつけ本番で書いてるもんね…ダメ…。

今回のは天才博士(少女)と助手(青年)の話です。あのね〜〜〜ショウ小夜知ってる人はわかると思うんですけど、私少女に依存する系青年が大好きなんですよね。けど、青年×少女であってほしくはなくて…。不憫な少女に寄り添うのはラブじゃなくて狂気であってほしいので(ひどい)、ショウも小夜に向けるものは自己愛だし、今作の青年も少女に向けるものは恋情ではないんですよ。

けどね、愛のほうが描きやすい!!!あ〜〜〜〜も〜〜〜〜〜!!!!

いや、愛じゃなくても描けるんですけど、ショウ小夜がはたから見たらただの男女カプであるのと同じように、今作も私のネーム力がクソすぎるゆえにラブにしか見えなくてクソ〜〜〜!クソ〜〜〜〜!!楽しい〜〜〜〜!!こうやって捏ね繰り回している時間が楽しいですね。楽しいけどさっさと作画に入りたいです!!!終わり!!!